埼玉県立久喜高等学校 ~爽やかで心温まる日々 笑顔あふれる女子高校です
   あなたの夢と未来への進学校 久喜高校はそうありたいと思っています
               出会いめぐりあい100年   久喜高校は2018年に創立100周年を迎えます
 
2012年12月4日から2540612

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
 

NEXT GAME

KUKI GYMRATS vs 高校
大会名:ウインターカップ埼玉東部支部予選1回戦
日時:平成30年7月日():トスアップ
会場:
 

KUKI GYMRATS BASKETBALL CLINIC (Big man camp)

日 時:7月23日(月)17:00~19:00
参加費:1000円
会 場:久喜高校体育館
講 師:小磯典子氏
内 容:未定

参加希望者は連絡なしで直接来ていただいても参加可能です!

 

練習予定

学校説明会・体験入部のお知らせ
学校説明会 7月28日(土)9:00~11:30
体験入部  8月21日(火)9:00~12:00
KUKI GYMRATSに興味がある中学3年生はまずは練習に来てください。希望者はご連絡ください。
なお、8月15日(水)には、元WJBL選手3名(PG・F・C)によりSKILL CAMPを行います。詳しくは後日HPにて発表します。

7月の予定

スケットボール部の練習に参加・見学を希望する方は
久喜高校早川 0480-21-0038までご連絡ください。
 

カウンタ

COUNTER215410

公式戦結果(2017~2018)21戦15勝6敗

学校総合体育大会埼玉県予選 
1回戦 久喜64-67草加西

関東大会埼玉県予選
 埼玉県第5位
1回戦 久喜55-43草加西
2回戦 久喜71ー56大宮南
3回戦 久喜60-77山村学園

関東大会東部支部予選
 東部支部優勝
準決勝 久喜80-56花咲徳栄
決 勝 久喜56-43草加南
新人大会埼玉県予選
 埼玉県第5位
2回戦 久喜84-63児玉
3回戦 久喜72ー55大宮東
4回戦 久喜42ー59昌平
新人大会東部支部予選
 東部支部第2位
1回戦 久喜93-35羽生実業
2回戦 久喜95-24春日部東
3回戦 久喜71-57花咲徳栄
決勝リーグ 久喜63-32春日部女子
決勝リーグ 久喜61-37草加南
決勝リーグ 久喜57-92昌平
夏季東部支部選手権大会
  東部支部第3位
1回戦 久喜73ー34越谷総合技術
2回戦 久喜94ー67白岡
3回戦 久喜83ー60花咲徳栄
決勝リーグ 久喜59ー55草加西
決勝リーグ 久喜56ー60春日部女子
決勝リーグ 久喜29ー80昌平

W(女子校)リーグ 優勝
山王杯       第3位
小森谷杯      優勝
船橋カップ     準優勝
行方杯       優勝

個人賞
得点王  荒井春華(草加新栄中出身)
優秀選手 加藤木瑞歩(杉戸中出身)

東部支部選抜選手
古内雅(幸手西中出身)、荒井春華(草加新栄中出身)
加藤木瑞歩(杉戸中出身)、西田恭華(羽生東中出身)
三浦帆乃夏(川間中出身)

埼玉県選抜選手(埼玉カップ)
古内雅西田恭華
 

公式戦結果(2016~2017)27戦22勝5敗

全国高等学校選手権大会埼玉県予選 県第5位
夏季東部支部選手権大会  
東部支部全勝優勝!
個人賞
夏季東部支部選手権大会
最優秀選手 古内 雅(幸手西中出身)
優秀選手  磯貝玲奈(春日部東中出身)
得点王   加藤優奈(栗橋東中出身) 


東部支部選抜選手
磯貝玲奈加藤優奈古内雅

埼玉県選抜選手(埼玉カップ出場)
加藤優奈


3×3U18日本代表(アジアカップ出場)
磯貝玲奈

3×3U18エリートプログラム
磯貝玲奈古内雅三浦帆乃夏
 

バスケットボール部について

 チーム名:KUKI GYMRATS
 チームロゴ:
チームカラー:イエロー
チームコンセプト:PLAY SMILE,PLAY HARD

長期目標:「関東大会出場、そして全国大会へ
2017~2018シーズンの目標:全国大会出場

KUKI GYMRATS 10ヶ条  
(選手が目標達成のためにどんなチームにすべきかを考えました。)
1、PLAY SMILE 、PLAY HARD
2、一致団結
3、当たり前のレベルを上げる
4、伝える声を出す
5、ミスした人が必ず一声を発する
6、何でも言い合える仲間になる
7、応援されるチームとなる
8、文武両道
9、失敗を恐れず、挑戦し続ける
10、感謝の気持ちを忘れない

KUKI GYMRATS 選手育成プログラム
1、トレーナーによる体作り指導
2、管理栄養士による食事面の指導
3、地元のはっとり接骨院によるコンディショニングサポート
4、メンタルトレーナーによるメンタルトレーニング
5、海外を経験した選手によるスキルトレーニング
6、KUKI GYMRATS主催のクリニックで地元に貢献
7、HITHやfuture bound classicとの交流
8、3×3への積極的取り組み
などなど、久喜高校では他の高校では絶対に経験できない環境を整えています。「一生懸命を楽しむことができる選手」をお待ちしております。



        
 活動日・・・・月、水木金土日(火曜日は休み)
         土・日・祝祭日は練習試合・合同練習
        


 

スタッフ

 ヘッドコーチ:早川 拓(保健体育)JBA公認B級審判員、B級コーチ         
アシスタントコーチ:矢澤雅彦(国語)

スキルコーチ:岡田卓也(GYMRATS) 
スキルコーチ:岩井貞憲
ストレングストレーナー:上原雅也            
管理栄養士:金井麻由美          
 

日誌

活動報告
12345
2018/06/19

結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
KUKI GYMRATS 64-67 草加西高校

インターハイ出場という夢は1回戦で惜しくも途絶えてしまいました。

選手はこの大会に向け、全力で取り組み、1年間準備をしてきました。

新人戦、関東予選では、確実に力をつけてきました。

しかし、目標としていた1番大切な大会でこのような負け方をさせてしまいました。

3年生はこのままでは終われないという強い気持ちでウインターカップ予選に向け、スタートを切りました。

私も、今回の負けから学び、チームをさらにレベルアップさせたいと思います。

必ず這い上がり、このメンバーでもっともっと強いチームを作ります。

今回も沢山の応援ありがとうございました。

引き続き、KUKI GYMRTASの全国への挑戦を応援よろしくお願いします。

12:35 | コメント(0)
2018/06/12

学校総合体育大会埼玉県予選抽選会

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
昨日、スポーツ総合センターにおいて学校総合体育大会埼玉県予選の抽選会が行われました。

この大会は、3年生にとって目標である最大イベントで通常はインターハイ予選と呼ばれています。

そして、日本協会の改革や全国高体連の関係もあり、埼玉県からインターハイに出場する枠が2校ある最後の年となります。

このチャンスを掴むために、この1年間取り組んできました。

抽選の結果、なんと1回戦の相手は草加西高校になりました。

関東大会埼玉県予選でも1回戦で対戦した相手です。

そして、2回戦は白岡高校と秩父高校の勝者。

ベスト4決めは正智深谷高校のブロックで、上尾鷹の台高校、入間向陽高校、伊奈学園総合高校の勝者と対戦します。

1つずつしっかりと勝ち上がり、初の「ベスト4」を掴み、インターハイに挑戦したいと思います。
 
今年のチームも沢山の方々に支えられ、ここまで来ることが出来ました。
感謝の気持ちも込め、応援して下さっているすべての方々が観ていてワクワクする試合が出来るよう残りの時間でしっかりと準備したいと思います。

トーナメント表はこちら

1回戦 6月16日(土)11:30トスアップ シルクドーム
2回戦 6月17日(日)10:00トスアップ シルクドーム
3回戦 6月23日(土)10:00トスアップ 上尾運動公園体育館
リーグ 6月24日(日)10:00トスアップ 上尾運動公園体育館
リーグ 6月25日(月)10:00トスアップ 越谷市立総合体育館
            13:00トスアップ 越谷市立総合体育館

応援よろしくお願いいたします!

14:36 | コメント(0)
2018/06/01

体育祭

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
この数日間、天候に悩まされましたが、昨日は無事、体育祭を行うことが出来ました。

前日の雨の影響もあり、昨日は朝6時30分からグラウンド整備や会場設営を教職員及び運動部の生徒の協力を得て行いました。

時間を遅らせることも考えましたが、予定通り行えたのは皆さんの協力があったからだと思います。

準備やグラウンド整備を協力してくれた運動部の生徒の皆さん、ありがとうございました。

久喜高校の体育祭は、ものすごく盛り上がります!(保護者の方も!)

バスケ部3年生の保護者もチームTシャツで揃え、盛り上げてくださいました。

天候の関係でPTA玉入れが急遽なくなってしまい、楽しみにしていた皆さん、すみませんでした。主役は子どもたちですので、、、。

女子校ということで、女子しかいません!

準備や片付けの力仕事、企画や運営も全て女子のみ。

逞しさやリーダーシップが間違いなく共学の女子よりも身に付きます!

競技では、女を捨て、騎馬戦や綱取り、綱引きを行います。

また、ものすごく可愛らしい衣装やダンスを生徒自らが考え、さすが女子!と思わせるような応援合戦。

そして、伝統校の女子校ということで、落ち着いた雰囲気を感じさせる2年生の花や1年生の旗体操。

女子しかいないからこそ、異性を気にすることなく、ありのままの自分でいることができ、自分を磨くことが出来るのが女子高の良さでもあります。

女子校は、「怖い」というイメージを持っている中学生が多いようですが、まったくそのようなことはありません。

7月に入ると、学校説明会や体験入部等が始まります。

お申し込みはこちら

まずは、一度学校に来て、久喜高校の雰囲気を知ってください!

「女子校は怖い」と思っている中学生は、絶対にイメージが変わるはずです。

また、バスケットボール部においても、体験入部以外の日でも見学等可能ですので、ご連絡ください。

お待ちしております!


10:29 | コメント(0)
2018/05/29

デフバスケットボール

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
皆さん、デフバスケットボールをご存知ですか?

車いすバスケは認知度が高くになっていますが、デフバスケはまだまだ認知させていないのが現状だと思います。

7年前の事です。当時小学4年生の女の子が地元のミニバスチームにいました。その子は聴覚に障碍を患っていましたが、一生懸命バスケットボールに取り組んでいました。しかし、少し自信がない様子も感じ取れました。そこで、私はその子の保護者の方とお話しし、デフバスケットボールを紹介させていただきました。

それから7年経ち、その女の子は高校生になり、今年久喜高校に入学してくれました。その子がこれからのKUKI GYMRATSを今後さらに成長させてくれるであろうショウです。

ショウは7月にアメリカで行われる第3回U21デフバスケットボール世界選手権大会日本代表として選ばれました。

世界選手権は、アメリカ合衆国ワシントンDCのギャローデット大学で7月6日~14日に行われます。

日本代表でも一生懸命を楽しんできてほしいと思います。

ショウからのコメントです!

 私は、デフバスケを知ったのは小学4年生の時に、現在の顧問の早川先生から紹介していただき、試合を見に行ったことがきっかけです。また、ミニバスや中学校の時に久喜高校でのクリニックで、デフバスケの日本代表キャプテンの早川さんと知り合い、埼玉県にあるデフバスケのチームを紹介してもらい、実際に活動することとなりました。

デフバスケとは、聴覚障碍を患っている人たちが集まり、耳が聴こえないので、手話やアイコンタクト、表情でコミュニケーションを取りながらバスケットボールを行うスポーツです。

デフバスケと知り合って、私は視野を広くすることや仲間とのアイコンタクトがすごく重要だと実感しました。どれだけ声を出しても仲間に伝わらないし、仲間や監督の声も自分に伝わってこないので、常に仲間や監督を見てコミュニケーションをとったり、仲間の動きを見て、それに合わせて自分も動けるようになりました。

デフバスケットボール日本代表HP

デフバスケは、独自の団体のため、活動費も少なく、資金面でも苦労されているとのことです。

KUKI GYMRATS、久喜高校教職員で応援Tシャツを購入し、わずかですが協力させていただくこととなりました。

OGの皆さん、このHPを観てくださっている皆さん、是非ご協力をお願いします!

17:44 | コメント(0)
2018/05/28

KUKI GYMRATS BASKETBALL CLINIC

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
27日の夕方に元日本代表でオリンピック出場の経験を持つ小磯典子氏(旧姓濱口)をお招きし、KUKI GYMRATS BASKETBALL CLINICを開催しました。

今回のテーマは、「Defense & Rebounds」でした。

基本的な考え方から始まり、実際に小磯氏が選手時代に取り組んでいたことや世界で戦う際に必要であったことなどをお話ししていただきながら充実した2時間を過ごすことが出来ました。

今よりももっとうまくなりたい選手には、是非参加していただきたいと考えております。

対象は、小学生から高校生までの女子選手とコーチです。

次回は、7月23日(月)17:00~19:00を予定しております。テーマは決まり次第お伝えいたします。

10:13 | コメント(0)
2018/05/28

3×3U18女子大会優勝!

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
5月25日~27日までオープンカテゴリーの3×3日本選手権が東京体育館で行われました。

体育館の外には屋外特設コートが設置され、そこでU18大会が行われ、KUKI GYMRATSからコウソラ、卒業生のオトと他校の卒業生伊藤さんの4名でチームを組み出場しました。

結果は見事優勝!

まだまだ普及が必要な種目ですので、KUKI GYMRATSとしても、エリートプログラム日本代表日本選手権等のチャンスを昨年頂いておりますので、今後も3×3の普及と競技レベルアップに全面的に協力していきたいと思います。

そして、KUKI GYMRATSの選手には様々なバスケットボールに関わる環境の中で、選手としても、一人の人間としても成長してもらいたいと思います。

10:03 | コメント(0)
2018/05/28

週末の活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
26日は前原中、総和南中、春日部中が来校し、8時から10時という2時間のみのでしたが合同練習を行いました。

体の使い方、1on1 skill、Defenseの3点に絞って練習しました。

初めて来てくれたチームもありましたので、途中様々な話をさせてもらいました。

取り組み方次第でその選手やチームの成長は大きく変わると思います。

しかし、上手くなるための取り組み方や考え方が身に付いていない選手が多いのが現状だと思います。

上達すればもっともっとバスケットボールの楽しさを知ることが出来るはずですので、これから一生懸命練習に取り組み、バスケットボールを楽しみ、上達してほしいと思います。

27日は埼玉県のU13・14の選手が来校し、合同練習を行いました。26日のメニューをさらにレベルアップして行いました。

今シーズンは2回目、前シーズンも3回位実施しましたので、ほとんどの選手がKUKI GYMRATSの練習になれていることもあり、昨日よりもスムーズに行うことが出来ました。

選ばれている選手ということもありますが、「上手くなるぞ!」という姿勢で取り組む選手がほとんどでした。

小学生から高校生くらいまでは、何故バスケットボールをやっているのか?将来、どんな選手になりたいか?などの考え方をしっかり持たせてあげることが、どんな練習をすることよりも大切であると思います。

そのためにも選手とコーチのコミュニケーションを今後も大切にしていきたいと思います。

目指すのは与えることよりも引き出す指導!!

07:12 | コメント(0)
2018/05/25

練習再開

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
本日で中間考査が終わり、練習が再開されました。

今回は、考査3日前まで大会があったため、選手も試験勉強との両立が難しかったと思いますが、今年と同じように勝ち上がっていくと毎年同じ状況になるはずですので、今後は今まで以上に日頃の授業を大切にしてほしいと思います。


本日は練習前に卒業アルバムの写真撮影をおこないました。
公式戦以外でも様々な大会に呼んでいただき、少しずつ結果が出るようになり、沢山のカップも一緒に撮影しました。

さて、残す大会もインターハイウインターカップのみとなりました。

KUKI GYMRATSとしては、愛知インターハイ出場を目標にこの1年間取り組んできましたが、まずはベスト4の壁を越えなければなりません。その勝負の日まであと29日となります。

もちろん1,2回戦をしっかりと勝ち抜かなければなりません。

29日間でどこまで成長できるか?

また、この29日間で何を目標として取り組むのか?

結局は目標設定がしっかりと出来るかだと思います。

このメンバーで愛知インターハイのコートに立つためにそれぞれがすべきことを全力で取り組みたいと思います。

勉強面や学校生活、バスケットボール全てに全力で取り組み、自分が望む将来を掴むことが出来る大人へと成長して欲しいと思います。

バスケットボールだけや自分の好きなことしかやらない人間になってしまっては、幸せにはなれないはずです。

18:05 | コメント(0)
2018/05/21

関東大会埼玉県予選結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
KUKI GYMRATS 60(9-23、23-18、16-14、12-22)77 山村学園高校


関東大会出場を決める試合の相手は山村学園高校でした。

この相手を倒さない限り、関東大会もインターハイも出場することができません。

新たな歴史を作るつもりで、この試合にチーム一丸となって臨みました。

試合を内容を振り返ると、出だしが全てでした。入りが悪いのはこの試合に限ったことではなく、支部予選の花咲徳栄高校戦から大宮南高校戦までの4試合を含めても、簡単に得点を許してしまうディフェンスの甘さと決めるべきシュートが決めきれないところから来ているものでした。

そのようなディフェンスの甘さから相手に簡単に得点を許してしまい、結果オフェンスに焦りが生じてしまいました。すぐにタイムアウトを取ったものの、1Qでの14点のビハインドは大きい借金となり、この試合で我々を苦しませ続けました。

2Qは、ゲームプラン通り、相手の弱点を突いて攻め続け、もっと詰めるチャンスが多々ありましたが、シュートを決めきれず9点差のビハインドまで追い上げました。

ハーフタイムで、もう一度、戦い方を確認し、最後の最後で逆転できれば良いことを伝えコートへ送り出しました。

3Qは開始すぐに5点差まで追いつき、この勢いで逆転できるという所でこちらのミスや相手の3Pが決まり、また10点差まで広がってしまいました。しかし、3Qも少しですが、追い上げ7点ビハインドで勝負の4Qへ!

4Qでもすぐにこちらの得意な形で得点を重ね、再び5点差にしました。「これで掴んだ!」と思ったところで相手のバスケットカウントで再び8点差になり、必死に喰らいつくもこれ以上の追い上げができず、最後はファールゲームに持ち込みますが、相手に落ち着いて時間を使われてしまい、関東出場を掴むことができませんでした。

昨年はベスト4との壁がとても高く感じました。

今年は、あと少しで越えられる所まで来ていると感じました。

負けはしましたが、選手は一生懸命戦ってくれました。

何が何でも関東大会に連れて行ってあげたかったです。

そして、今までお世話になってきた方々に結果で恩返しをしたかった。

関東出場が実現できなかったからには、インターハイの2枠にかけるしかありません。

しかも、埼玉県から2枠出場できるのは今年が最後となります。

県立高校で全国大会出場を果たせるよう、残りの1ヵ月でさらなる成長ができるよう選手と共に頑張ります。

今回も沢山の応援ありがとうございました。


昌平高校が埼玉県で初優勝しました。加藤先生、奥山先生、選手の皆さんおめでとうございます。同じ東部支部のチームとしてうれしく思うとともに、我々久喜高校も必ず優勝するという強い思いもあります。

私が高校生が高校生の頃の埼玉県の男子は、県のベスト4に東部支部が3チーム入っていることもありました。

そんな強い東部支部になるようみんなで切磋琢磨できれば良いと思います。

また、なでしこCAMPに参加してくれていた在家中学校の木幡先生から県大会初優勝しました!と報告がありました。

おめでとうございます。関東・全国へ向けて頑張ってください!


07:56 | コメント(0)
2018/05/17

Girl's hoop in the hood

Tweet ThisSend to Facebook | by:バスケットボール部H
5月5日にGirl's hoop in the hoodのファイナルにKUKI GYMRATSの選手が出場してきました。

基本的には社会人が出場するストリートの大会ですが、主催者のヒデさんのご厚意で前任校の時から予選に出場させてもらっています。

そして、今年はついにファイナルに進出することが出来ました。hoop in the hood というのは、ハーフコートを4on4で戦い、より個人技が出せるようルールにも工夫がされています。

また、音楽を大音量で流し、MCが盛り上げるといういわば「バスケのお祭り」です。

高校生は初めて経験する環境でのバスケですので、緊張するのが当たり前ですが、KUKI GYMRATSの選手には様々な環境を与え、経験してもらっていますので、他の高校生よりもたくましく育っております。

試合の方ですが、平塚予選を勝ち抜いた「AOBA」と対戦し、善戦するも初戦敗退となりました。しかし、その後もAOBAが勝ち抜き優勝しました。

AOBAの皆さん、おめでとうございます。

来年はもっと戦えるように頑張ります!

KUKI GYMRATSでは、他の高校では経験できないプログラムを準備して、選手を育成しております。

興味がある方は、是非一度体育館までお越しください。


明日はいよいよ関東大会出場をかけて、名門山村学園と対戦します。

準備は出来ました。

後は明日の試合に全力で臨むのみ!

応援よろしくお願いします。

14:12 | コメント(0)
12345